読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらえもんの、みちくさ雑記帳

読書、将棋、写真撮影が趣味の管理人が、経験や考えたことをゆるーく共有するブログです。東京大学2013年度入学。

いままで普通に接してきたけど、意外と将棋界に学ぶこと教訓が多いかもしれない

最近、あまり指していないのですが、趣味程度に将棋をたのしんでいます。

気晴らしとして7~13手程度の詰め将棋を解いたり、対局の記録である棋譜を並べて感心したり、そういう嗜み方をしているのですが、

ふと、将棋界の歴史は、将棋とかかわりのない社会の人たちにとっても、示唆に富むのではないかと思い始めました。

 

1.固定観念に囚われない。真に価値ある選択肢を追求する。

日本将棋連盟会長として様々な仕込みをされていた、故・米長邦雄永世棋聖は、名人位獲得の最年長記録を有しているのですが、その際のエピソードは興味深いなぁと思っています。。

将棋ソフトとプロ棋士の対戦の祭典「電王戦」の対局者としてテレビにもよく取り上げられていたのではないかと記憶しています。

www.youtube.com

ちなみに、将棋のプロ棋士は肩書として、4段~9段の段位の他に、竜王・名人・王位・王将・棋聖棋王・王座という「タイトル」がありまして、

タイトルは、それぞれの名前を冠した大会(だいたい新聞社が主催している)で優勝した者だけが1年間、名乗ることができます。
タイトル保持者は、翌年、新たなる挑戦者を迎え、番勝負を戦い、勝ち越すことができれば(7番勝負なら4勝。5番勝負なら3勝。)また1年、その肩書を名乗ることができるのです。
永世称号は、そのタイトル戦で著しく強かった棋士に追加される称号で(棋戦によりルールは違います)、
永世棋聖というのは、つまり、棋聖戦というタイトル戦でめっちゃ強かったということ。

で、なんで米長永世棋聖の名人位獲得が興味深いかというと、若手とともに研究した賜物であると言われていることにあります。

日本の伝統文化界隈によくあるようにも思いますが、「亀の甲より年の劫」的な価値観が強かった当時の将棋界において、
年長者であり、なおかつ実績も十分な棋士が、新進気鋭の若手と対等の立場で意見を交換するなんて、ありえなかったのですが、

米長さんは、その固定観念に囚われず「タブーを冒した」のは、勝つため。
上位者としての威厳を保つという目的を果たすだけならば、たしかに対等な立場に「降りる」ことなんて非合理的な行為かもしれませんが、彼の目的は違った。
もっとも、強者こそ権威である勝負の世界において、年齢やキャリアにすがって威張るのは空疎であり、米長スタイルの研究会は広く受け入れられてように思います。
(まぁ貪欲に過ぎはしないかと思われるのかもしれませんが、ゆーて50歳なので、はしたないという誹りも霞ますね)


個人的に思うのは、新しい価値観を経験豊富な人が摂取するとものすごい化学反応が起こるんじゃないかなってところで、
実社会を眺めてみると、団塊の世代団塊Jr.のような経験豊富な世代が、新しい技術に明るいと、ぼくら若い世代はなかなか厳しいなと思うわけです。(笑)

 

2.人工知能と人間の共存のモデル

人口知能、話題ですよね。

f:id:BokuMuraemon:20170205155456j:plain
(画像引用元:

http://www.lifehacker.jp/2014/12/141216stephen_hawking.html

 

経済系の雑誌なんかをみると、AIについて触れていないものは皆無です。
蒸気機関の第一次産業革命、石油・電気の第二次産業革命、インターネットの第三次産業革命に続く、第四次産業革命の急先鋒として注目されていますよね。
人工知能に、ロボット。そしてIoT。これらの熱気は言うまでもなく、ソフトバンクの孫さんが3兆円かけて、スマートフォンの頭脳のプロセッサ(AP)を手掛けるARMを買収したのも、IoTのビッグウェーブを見据えてのことだと考えられています。

www.itmedia.co.jp

個人的に、革命は、ゆるやかには起こらないと思っていて、
第一次は植民地戦争、第二次は第一次世界大戦、第三次は石油危機みたく、何かしらカタストロフィーを待たなければならないだろうと妄想しているんですけど、はたして……

あと、第一次・第二次に比べて、第三次・第四次がどうもヌルイ気がするんですよねー、持続的なイノベーションというかー。
ただ、ロボットやAI、IoTの発展により、いままで日の目を見なかった「産業」や「暮らし方」が勃興する気がするのもすごくわかる。
なにせ産業の活気度は、プレイヤーの多寡と相関が強いですからね。

たとえば、ロボットやAiを自分の分身として働かせて金銭を収集し、自分は地方で悠々自適な生活を送る…とかね。

 

前置きが長くなりましたが、将棋界にはAIが深く入り込んでいます。
注目が集まり、研究が進んだこと。機械学習を実装したボナンザという将棋ソフトの登場で一気に強くなりました。CPUの進化もあるんでしょうね。

詰め将棋みたいな、答えのあるフィールドだけでなく、本将棋もなんのその。
研究に将棋ソフトを利用していないプロ棋士は、もういないでしょうね。

 

ひととソフトが協働する方が、力を発揮する。

”知の自転車”として機能するということが示されているように思います。
この在り方に未来社会のヒントがあるように思えて仕方がありません。

 

3.人工知能をつかった人間同士の不毛なモデル

ただ、明るい未来ばかりではありません。

人工知能 vs.人間の構図はよく取り上げられますが、結局のところ、人間 vs.人間だと思っています。不毛な対立が助長されるのではないかという懸念も強めるのであります。

 

toyokeizai.net

スマホ不正疑惑事件はあまりにも有名。

 

この記事を書こうかと思ったきっかけがありました。
先日、甲南高校の将棋部顧問の先生が投稿していたことに驚きました。いまや、高校生同士の対局も、ソフトを用いた研究が前提の時代であり、どのソフトを使うかが重要となっていて、その情報収集の必要が高まってきている、と。

これは不毛だと思いましたね。

何のために将棋指しているんだ君たちは……将棋ソフト同士の対局でよくないですか?それ……

まぁ負けたくないですよね、だから相手がするソフトを用いた研究に負けないように、自分もしっかり準備をする。わかるんですけど、やっぱ将棋ソフト同士の対局でいい気がする。

しかもソフトの追求に労力を割くって何がしたいんだっていう。(なんとなく、核戦争のゲーム理論を思い出しましたね。)

 

道具の使い方の問題なのかもしれませんし、人工知能が本質として招いたわけではないので難しいですが、こういうことが起こる。

ちなみに、ソフト研究が進んだ結果としてかは不明ですが、A級順位戦という将棋界最高峰の戦いが繰り広げられる場では、「型」から外れた将棋が増加しています。

東京大学の前期教養課程ってどうなんだろう?

東京大学には前期教養課程という制度があります。
法学部や医学部みたいな専門課程には3年生から所属することになるのですが、
進学振り分け制度というものがあって、2年生のタイミングで成績ごとに学部を選ぶことができます。
 
高校卒業して、いきなり学部選択するなんて無理だわー
大学でいろいろと見て、それで選ぶって素敵やん。そう述べる人はそれなりにいます。
 
 
でも、それって高校までに学部選択に関する情報を得られないことに課題があるわけだと思うのです。
キャリア教育に取り組んでいる人たちは、そこに課題意識をそれなりに持っているような気がするのだけど、
高大接続にそもそも問題があると思うのです。
 
前期教養課程も不思議。
学びって自己との対話だと思っていて、芯がないと学ぶこともできない気がするんですよ。
だから柱ができていないときに、前期教養課程もってきたって面白くない。
実際、授業受けてみて、すごく薄っぺらいってこと少なくなかった気がします。
やる気がそがれるというか……笑
 
やっぱ高校の授業をもっと刺激的にするのが肝心だと思うんです。
ただ、高校教員もスーパーマンではないので、学際性を持たせろ、そんな授業をせよっていうのは厳しいので、たしかにNPOとかが入っていくのは悪くないと思うんですけど、なんだかなぁ。
「受験」という目先の成果を出すことで、凝り固まった価値観の教員からも信頼を勝ち取りつつ、学際的な啓蒙もするっていう組織が出てこないかなって思うんだけど。(笑)
成果主義うんぬんは2000年あたりの話なので、古株だから凝り固まっているというわけではない
 
ただ、僕として思うのは、
「役立つから学ぶ」って違うんじゃないかなってこと。
いまどき、何が役立つかもわからないし、対象によって様態が変わってくるんだから、
「学んだことを役立たせる」っていう意識必要だと思うんだけど、
「学んだことが、知らずのうちに役立っている」って経験を話して、だから学ぶって大事だよねとか言っちゃって、
なんかアホらしいなと。
 

「好き」を仕事にできる人 ~高知の野球球団に大物入団(笑)~

本日の折り紙は、「風船」

とくにハサミ✂️を入れなくても空気入れるところがあったのに感動してました。笑

f:id:BokuMuraemon:20170109204649j:image

民法の相殺がややこしくて、ここ、もう2周はしないとなんですが、時間とれるかな。
でない気がするけれども、将来、起業をもしするのならばお金の動きはしっかりとわかっていないといけないと、するか知らない起業をよすがに勉強しています。(笑)

 

成人の日な本日。
もともと埼玉県の蕨市で始まった、イベントは、いまや日本全国の定番行事。国民の祝日にまでなっています。
僕も2年前ですか。
西宮市長に、年配の人のいうことなんて聞くな!と言われたことだけ覚えています。

 

今朝、驚きのニュースが飛び込んできました。

4月1日に出ていたら、間違いなくエイプリールフールネタとしてしか見ないだろう報道。
四国アイランドリーグのファイティングドッグス(高知)に、メジャーリーグで活躍した、あのラミレス選手が入団するんだとか。

藤川球児の日本復帰は、彼が高知県出身だったからということで合点がいくのですが、こうなると話は別Σ(・□・;)

 え、まじか、うそ、ほんと?なにかのガセネタ?と思う僕は正常だと思うんです。
プロ野球球団ならまだしも、独立リーグ、しかも高知県ですよ。

Apparently, it is a ridiculous request to believe.

 

野球を普及するという目的もあって、入団するとか( ;∀;)
極めた人は、好きに仕事ができるんだなと思いました。

パズルを解くような感覚

f:id:BokuMuraemon:20170108223911j:image

今日の折り紙は、象。

どうやったらきれいに折れるんだ、これ 笑

まぁ見えるからいいかな。

 

寄り道のできる社会をということで政策案を考えるというタスクに頭を悩ませていたのですが、どうにかこうにか構成がうまく行き一段落。

社会保障法や労働法の勉強が役に立ちました。でも、グループワークなのに1人突っ走っていていて、人間、成長しないなぁと思いました 笑

個人として能力が上がっているのでアウトプットはマシになってきているのですが……

 

知識量なんですよね。正確には知識をつける意欲なんですよね。

そこが同じじゃないと協働はできません。

なんとなく、こんな感じという議論は方針を定める上では有用でも、そこを過ぎてしまったら聞く価値がないというか。

 

職人気質というかなんというか。

直そうにも直らないので、それが許される環境に身を置きたいところです。

 

しかし、政策を考える上で、参考にするべく既存の制度設計もみたのですが、どういう意図で、何を恐れ、複雑な制度となったのか。その背景を紐解くのが、パズルを解くような感覚があり面白く思いました。

 

年金とか秀逸。

確定給付企業年金確定拠出年金などなど調べてました。

 

そういえば今日、17卒の大学・内定先の幅を超えた新年会があってふらっと参加してきました。

自分の琴線に触れる人っていうのはやっぱ何かに打ち込んでる人とかで、ただ楽しんでるだけの人はどうでもよいなと感じるんだと思いました( ̄∀ ̄)

 

 

Frexicurityという概念

折り紙生活3日目。

本日はカブトを折ってみました。結構簡単(∩´∀`)∩

しゃべるくまモン人形に被せてみました(∩´∀`)∩

f:id:BokuMuraemon:20170107214811j:image

試験べんきょーーーーと心の叫びが漏れ出そうなのですが、

労働法や民法の債権についてつらつらと。

正月、漫才見過ぎたかなぁ。実家帰るよりかは勉強したけど、もっとストイックにするべきだったかなと思いつつ。

続きを読む

折り紙で朝の頭の体操(∩´∀`)∩

学び 社会問題

もう少し続けば習慣化するだろうと思いつつ、まだ試験勉強に気だるさの残るこの頃。

しかし、なんだかんだ勉強が一番楽なのではないかと思うこの頃でもあります。

産みの苦しみという言葉がありますが、あと一歩のところで思考が停滞している時ほど苦しいタイミングはなく、布団の上でうめき声があがってしまいます。

 

そう、目覚めのタイミングと、布団から出るタイミングとにタイムラグが大きい。

やりたくないという気持ちが体を布団に縛りつけるのです 笑

そこで、一昨日、秘密兵器を購入。昨日、実践。本日、継続。

それは……

f:id:BokuMuraemon:20170105131516j:image

折り紙(^○^)

手を使ったら目がさめるかなっていう思惑と、
この前会津に行ったときに将棋や運動以外に子どもと戯れられるものあった方がいいなっていう「成長意欲」とが、

折り重なって折り紙を解に導きましたʕ•ᴥ•ʔ


かんたんでしたが、手裏剣折れるように (^o^)
今度、生意気なガキンチョに投げつけてやります←

いい感じに集中もできて頭もスッキリ。

 

しかし、綺麗に折るとなるとなかなか難しいですね。(下の方の手裏剣、ひどい…笑)

ぴったり併せて折り込むと、次の折り込みで微妙なズレが生まれてしまいます。いい感じにズラして「遊び」の部分を作りながら折っていくのが綺麗に仕上げる秘訣なんかな、なんて思いました。

 

今日は鶴に挑戦。

f:id:BokuMuraemon:20170106204140j:image

あっなんか折ったことあるわーと思いつつ、

なんだか形がいびつで、明日もまた鶴かななんて思ってます。 

まぁこんな感じで仕組み化するのが吉ですよね。

これは便利。AIとPsのショートカット!!

福島県相馬市の子どもたちに、東大生からのプレゼントを作る企画をUTVCでやっています。
その名も…「楽習帳」作成プロジェクト。

例にもれず?デザイン周りを担当しているのですが、Indesignが久しぶりすぎて操作を忘れています。(笑)

定期的に何かをつくるというのは、ソフトを宝の持ち腐れにしないだけでなく、
操作ノウハウもさび付かせない上で大事かもしれません ※ただし、時期は大事

 

忘れているので、何か参考になるサイトはないかなと探していたら、

Ai(イラストレーター)とPs(フォトショップ)のショートカットキーをまとめたサイトに遭遇しました。

これは便利(/・ω・)/

機能が多すぎて、使いきれていないようにも思いますが 汗、
ショートカットキーを覚えるついでに、ためしに使ってみて慣れていこうかなと思います。